令和元年度補正予算プッシュ型事業承継支援高度化事業

事業承継WEB診断

事業承継診断がWEBで簡単に作成が出来ますので是非活用してください。
作成した後は印刷して、内容をメールで送付出来ます。メールの送付は文字データとなります。

事業承継診断票 (相対票) (改訂版)

支援機関受付No.

万円 百万円

該当する項目をご選択・入力ください。

Q1会社の10年後の夢について語り合える後継者候補がいますか。

はいを選択した場合、次のいずれか1つを選択

Q2候補者本人に対して、会社を託す意思があることを明確に伝えましたか。

Q3候補者に対する経営者教育や、人脈・技術などの引継ぎ等、具体的な準備を進めていますか。

準備内容

Q4役員や従業員、取引先など関係者の理解や協力が得られるよう取組んでいますか。

取組み内容

Q5事業承継に向けた準備(財務、税務、人事等の総点検)に取りかかっていますか。

準備内容

Q6事業承継の準備を相談する先がありますか。

それは誰ですか?

Q7親族内や役員・従業員等の中で後継者候補にしたい人材はいますか。

それは誰ですか?

Q8事業承継を行うためには、候補者を説得し、合意を得た後、後継者教育や引継ぎなどを行う準備期間が必要ですが、その時間を十分にとることができますか。

Q9現在までに後継者に承継の打診をしていない理由が明確ですか。(後継者がまだ若すぎるなど)

Q10事業を売却や譲渡などによって引継ぐ相手先の候補はありますか。

Q11事業の売却や譲渡などについて

(1) 相談する専門家はいますか。

それは誰ですか?

(2) 実際に相談を行っていますか。

メモ欄 (相談希望内容等を入力)


300

事業承継診断実施後の対応 ※支援機関が入力

対応区分 対応方法

引継先

内容

引継先

秋田県事業承継ネットワーク事務局

理由

診断票を印刷


はい